NSBL練馬区学童野球連盟

メニュー

トピックス

8月26日(月)
第19回選手権大会組合せ決まる。試合会場での確認事項についても説明

第19回選手権大会組合せ決まる。試合会場での確認事項についても説明_1
第19回選手権大会組合せ決まる。試合会場での確認事項についても説明_2
練馬区学童野球連盟主催・第19回選手権大会の抽選会が25日16時より松の風公園ホールにて行われました。今期の連盟主催トーナメント大会は最後となる30チームの主将たちは、大きな声でチーム名、名前を述べ、抽選に臨んでいました。大会の開会式は、9月1日(日)9時30分より、大泉中央公園野球場で行われ、1日、8日の2日間で1回戦が実施されます。
なお抽選会では審判部より、試合会場での確認事項について説明がありました。
①本大会は投球制限を採用する(6‣5年生70球、4年生以下60球。カウントは連盟本部。申告敬遠導入)。
②試合前、シートノック以外での指導者・選手のバット使用練習は禁止。ただし試合前のベンチ前ショートノックは可。
③タイムの回数は、守備3回、監督3回、攻撃3回。守備・攻撃のタイムに監督がグランド内に入って指示した場合、守備、攻撃に、それぞれ同時に1回カウントされる。
④タイブレークは0アウト、一・二塁の状態にして2イニングを行い、勝敗が決しない場合、抽選とする。
⑤「大泉学園少年野球場」のホームランは、今期よりフェンスを越えた場合とする。他、各グランドルールに基づき試合を行う。

各チーム、良い成果を出せるよう健闘を祈ります。
トーナメント表はPDFを参照ください。

PDFダウンロード

その他のトピックス

»トピックス一覧